フコイダンを摂取する事で期待できる癌への効果

免疫を活性化させ強化する働きがあります

フコイダンとはあまり生活している中で耳にすることのない言葉ですが、注目を集めている多糖類になります。フコイダン自体はメカブや昆布のぬるぬるした成分の中に含まれています。摂取する方法としては直接メカブや昆布を食べるだけでなく、最近はサプリメントとしても販売されています。多糖類として摂取は行えますが、注目を集めている理由が癌と呼ばれる悪性腫瘍に対して良い作用が多いという点があげられます。摂取することで人が持つ免疫力を向上させ増強させる効果があることが分かっています。また免疫細胞自体にも刺激を与えることで、免疫システム自体が活性化することも分かっています。免疫は身体を守る細胞としても重要だということは多くの人がしっていますよね。その免疫が強化向上することで、結果的に健康な身体を維持し悪性腫瘍細胞から身体を守る事に繋がります。

発生した癌細胞自体が死滅します

悪性腫瘍は知らない間に身体の中に発生すると、殆ど死ぬことなく人の身体を栄養にしてどんどんと増えていきます。また治療せずに放置すると、増えるだけでなく身体の別の場所への転移するようになります。そうなると完治させるのは難しくなり、治療としては手術だけでなく抗がん剤治療などが必要になってきます。正常な細胞の中には、本来であれば一定の期間が経過することで自ら死滅します。これは遺伝子自体に組み込まれている作用であり、死滅していく作用のことをアポトーシスと呼ばれています。ですが悪性腫瘍細胞はこのアポトーシスが起こらない厄介な細胞です。ですがフコイダンには悪性腫瘍自体にこのアポトーシスを起こる作用があると分かっています。そのため日頃から意識して昆布やメカブなどを摂取することで、癌を発生させない効果が期待できるといえますよね。

新生血管の作成を抑制する効果があります

病気の中でも厄介なものとされる悪性腫瘍は、かってに結果の血管を作ってしまうことがあげられます。悪性腫瘍は細胞をより増やすために、豊富な栄養や血液を求めていきます。そんため本来は身体になかった血管を、悪性腫瘍自体がかってに作ってしまい細胞に血液を送り込もうとしてしまいます。その作用は血管新生と呼ばれており、人におっては身体に大きな負担がかかります。ですがフコイダンには血管の新生の抑制作用があると分かっています。このように悪性腫瘍が成長してしまうことを、様々な効果で抑えることができると期待出来ます。

記事一覧